南米

エクアドルの人って何食ってんだ?気になる食事を地域別に紹介

エクアドルの地域

南米では、マチュピチュで有名なペルーやサッカー大国のブラジルほど旅の目的地としてはイメージの低いエクアドルですが、自然豊かで歴史のあるオススメの国。

さて、そんなエクアドルに行ってみよう、となると気になるのが食事。

エクアドル人って何食ってんだ??!

まず、エクアドルには大きく分けて「山岳地」「海沿い」「アマゾン」「ガラパゴス」の4つの地域があります。国際空港のあり首都であるキトは、山岳地。一方で、エクアドル一人口の多いグアヤキルは海沿いにあります。

各地域で全く食生活が異なるのですが、今回は私が訪れたキト・ガラパゴスから、この2つの地域の食生活について書きたいと思います。

キトでの食事

まずはキト。キト周辺では、山岳地帯なので肉・コーン・ジャガイモが多く食べられています。

伝統的な食事はこんな感じ。豚肉、3種類のコーンにジャガイモ。実は、アンデス地帯のエクアドルやペルーには、合計4000種類ものジャガイモがあると言われています。(ジャガイモってどれも一緒じゃないんだ・・。)

白いコーンは味が無くて、現地人にとってはご飯のような感じなのかな?茶色いコーンは、ポップコーンになりきらなかったポップコーンの種の味そのもの。歯茎に刺さること、刺さること。固いし。

豚肉は、普通のから揚げ。ちょっと塩味が強いけど、日本人にも好まれる味。

そして、食事のお供には、エクアドルの地ビール「PILSENER」。味はさっぱりとした薄味ラガーで、南米の気候にはピッタリ。

他には、ジャガイモのスープ「ロクロ」も好まれています。食べる時には、アボカドと、これまたポップコーンの種(いや、きっとちゃんとした名前はあるだろうけども・・)を中に入れていただきます。

そのまま食べると固くて歯茎に悪いポップコーンの種も、スープに入れる事で少し柔らかくなるし、ポップコーンの香ばしさがスープと相性イイ!!このスープは個人的には大ヒットでした。

そしてそして、ユニークなのが「クイ」と呼ばれ現地の人達に愛されているこの動物。

はい、モルモットです。写真は現地の方のお宅で飼われていたモルモット達。

現地の方々に言わせれば「美味しいペット」との事・・・。

実際料理されている所も見ましたが、あまりにもリアルだったので写真は無し。興味がある方は検索してみて下さい。

ガラパゴス諸島での食事

さて、お次はガラパゴス。南国の島ガラパゴスで食べるべきなのはもちろん、

シーフード!!

ガラパゴスのシーフードは新鮮で何より安い!!!

ストリートに所狭しとシーフードの露店が並び、常に観光客でにぎわっています。各店頭には大きな魚やロブスターが並べられ、呼び込みの兄ちゃんたちは「自分とこのロブスターが一番だ」と豪語します。

あまりにもシーフードが新鮮で美味しくてなおかつ安かったので、ガラパゴス滞在中はこのストリートのお店で昼・夜食べていました。

例えば、ハーフサイズのガーリックソテーしたロブスター

この大きさでたったの$10!!(エクアドルは米ドルを使います。便利っしょ。)日本円にすると1000円ちょいかな。

これ、アメリカだったら軽く倍はしますよ~

タコのセビーチェも、新鮮で最高に美味い。今まで食べたセビーチェの中で断トツ!!

これは$8くらいだったかな?

他にも、タコ・エビ・カキ・魚等が入った豪勢な焼き飯や焼き魚のガーリックソテーも美味しかった~。

思い出したらお腹が空いてきた。

ガラパゴス(サンタクラス島)にあるシーフードストリートはこの辺なので、島を訪れる際には是非行ってみて下さい。

***************************


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。↑クリックお願いします!

***************************

たーなー

世界各国を旅してまわった出来事についてのんびり綴っていきます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です