アジアその他メキシコ南米

旅行先でお腹ピーピーを防ぐ対策法

これまで色々な国に行ってきて、毎回めちゃくちゃ怖いのが

お腹ピーピー・・・

これは、ふざけているように見えてかなり真剣な問題。日本人は、綺麗な環境に慣れているため、特にお腹が弱いと思う。だってさ、水道水であたるなんて日本では考えられないじゃん?お腹壊しちゃうと、せっかくの旅行も楽しめない!ってことで、私は普段から無意識のうちに対策をしている。

今回は、今までの経験から学んだ対策方法を伝授したいと思います。特にお腹ピーピーな人は参考にしてください。

1.レストランでお冷は注文するな

これは、鉄則。普段は「ご飯のお供といえば冷たいお水っしょ」な私も、海外では絶対にお冷は注文しない。お冷を頼むと、水道水が出てくる可能性があるから。メキシコに行くと、お冷の代わりに注文するのが「Lemonada(レモネード)」もしくは「Agua mineral(炭酸水)」。

ちなみに、メキシコはレモネードが美味い。メキシコでは、ライムの事をレモンと呼ぶため(適当だな)、レモネードはライムで作られている。レモンより渋さがあり味が濃い為、個人的には好き。メキシコに行く際にはぜひ試してみてください!ちなみに、「lemonada con agua mineral(リモナダ コン アグヮ ミネラル)」といえば、炭酸水で割ったレモネードが出てくる。これまた美味い。

2.ストローに油断をするな

さて、無事に水道水を回避してソフトドリンクを頼み、ホッとしていたあなた!そのストロー、綺麗ですかー??最近海外でもあちこちで紙ストローを見るようになってきた。紙ストローだと使い回しが出来ないので安心。

「・・・今、使い回しって言った?」

言いました。潔癖な日本人の常識は海外では通用しません。特に、アジアに行った際には、ストローすら持ち歩いていた。念には念を、ね。ちなみに、最近はキーホルダーにして持ち歩き出来るストローもあるのね。最近ギフトとしてもらったけど、これは環境に良いだけじゃなくて、海外旅行にも便利!

3.食器にも油断をするな

さて、無事に水道水を回避し、出されたストローを捨てたあなた。ここで安心してはいけません。食器にも油断をするな!

東南アジアの食堂に行くと、テーブルに既にフォークやお皿が置かれていることがあるんだけど、これを使う前にちゃんと消毒をしましょう。現地の人も、使う前にテーブルのティッシュで食器を拭いていました。私は、食べ物や食器に使える除菌スプレーを常に持ち歩き、とにかくあちこちにシュッシュ。

4.消毒液を持ち歩く

さて、いよいよ食事。その前に、しっかりと手を消毒すること!ウェットティッシュを持ち歩くのも良いし、最近は小さい携帯用のハンドサニタイザーもあちこちで売っているので、旅行の時にはそれを持ち歩くのが便利。

5.屋台は勘・・・

基本的に、屋台飯はピーピーの可能性が高い。日本と比べて衛生管理があまり出来ていない上、汚いお金を触った手で料理をするわけだから、そりゃ良くないわな。というわけで、屋台飯は避けた方が良いんだけど、やっぱり現地で食べるローカルなご飯も旅の醍醐味。ということで、屋台で食べる際には、なるべく人がたくさんいて人気な場所から。また、生ものを避ける等ピーピーしにくい食材を選びましょう。

6.歯磨きはどうする?

お腹が弱い人は、歯磨きや洗顔の時の水道水でもあたってしまうようなので、自覚がある人はミネラルウォーターで歯磨きをする等、特別気を付けるようにしましょう。

色々書いたけど、気を付け過ぎるくらいがちょうど良い!上記も、自然と習慣化してきます。せっかくの旅行が台無しにならないよう、気を付けて楽しんでください!

***********************


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。↑クリックお願いします!

***********************

たーなー

世界各国を旅してまわった出来事についてのんびり綴っていきます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です