その他

コロナウイルスから学んだこと

初めてコロナウイルスについて中国で報道されて早4か月以上が経ち、3月のパンデミック宣言からあっという間に「何気ない日常」まで奪われてしまいました。失ってみて初めて、「普通の生活を送れるという事が、こんなに幸せだったんだ」と気づく。

ブログ更新もあっという間に3ヶ月も空いてしまったこの間、毎日のように生活がどんどん変わっていき、変化に追いつくのに忙しい日々でした。まず、3月のロンドン行きが前日にキャンセルになり、大学院の授業が急遽オンラインに変更になり、仕事も在宅勤務に。また、9月のエジプト行きまで早々にキャンセルされてしまい、お先真っ暗。去年の旅行の写真を見返しては、羨ましいな~去年の私、と思う日々。いーなービーチ行きたいなー。外に出たいなー。

アメリカは、3月のパンデミック宣言の頃から信じられない速度で毎日感染者が増えていき、あっという間に世界一の感染者数を記録。私の住むテキサス州でも、ナイトライフが盛んなダウンタウンは今やゴーストタウン。

人一人見当たらない夜のダウンタウン

おウチ時間と称し、家で過ごす時間が増える中で気づいた事は、

今までどれだけの時間、自分の意識が外に向いていたのかという事。

改めて今までに無いくらい自由な時間を与えられて、最初はかなり戸惑ったのだけれども、ふと「最後にこれだけ自分と向き合ったのはいつだろう」と思った。時間があれば外に出かけ、やりたい事をやってきたと思ってきたけど、意外と自分自身の事は知らない事だらけだったと気づいた。忙しい毎日の中で、自分の中の声を聞くのをすっかり忘れていたんだなーと。

自分と色々話してみてまず知ったのが、私って意外と疲れていたんだなーという事。毎日の忙しさで食生活も乱れ、睡眠不足だったみたい。おウチ時間が増えてから、ちゃんと3食作るようになったんだけど、そんなのいつぶりだろう。そもそも、ここ5年仕事をしていて朝ごはんを食べる事は無かった。

そうやって考え始めると、最初はコロナに「奪われた日常」だと思っていたのが、「この機会にもう一度原点に戻ってとことん自分と今後の人生を相談しよう」と思えるようになってきた。大体、こんなに時間が余る事なんて普段ないわけだから、この機会にスキルアップや将来の目標設定等色々出来るじゃんね。

あと思うのが健康体の大切さ。パンデミックが起こらなければ立ち止まって自分を振り返る時間を作らない、今までの自分にも反省。疲れている自分が当たり前の自分になってくると、自分が疲れているという事にも気づかないのよね。

この機会に自分の生活を見直してみるのも良いと思う。

早く非常事態が収束しますように。医療関係者の皆さんに敬礼。

***************************

ランキングに参加しています。


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↑クリックお願いします!

***************************

たーなー

世界各国を旅してまわった出来事についてのんびり綴っていきます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です